★2016/1/28(木)の「逸品」はCD珍品2点!


【米RCA 605942】ドヴォルザーク「新世界より」
スラットキン指揮 アメリカン・ソヴィエト・ユース・オーケストラ
(写真左 盤A 2,880円)
一見何の変哲も無い、RCAのスラットキンの「新世界」なのですが、謎の1枚です。
1990年8月12日にアムステルダムのコンセルトヘボウで録音・・というデータは載っていますが、オケの正体やこの録音が残された経緯等の肝心の情報がライナーにも全く載っていません。
もしその名の通り米ソ合同の学生オケであるならば、ソ連崩壊の前年の貴重な音源という事に
なるのですが。裏ジャケ右上に小さな穴があけられています(カット盤)。その点ご了承下さい。

【スペインRTVE 65097 4枚組】アルヘンタの芸術
(写真右 盤B 2,571円)
今だ根強い人気の夭折の名指揮者アルヘンタ。昔、「猫丸」でも取り上げた事のあるこの人
(詳しくはhttp://blog-kichijyouji-classic.diskunion.net/Entry/1665/)ですが、44歳という若さで
不慮の死を遂げたにもかかわらず、かなりの量の録音を彼は遺しています。
この4枚組はスペイン国立管との「英雄」「ブラームスのヴァイオリン協奏曲(メニューイン共演)」
スイス・ロマンド管との「チャイコフスキー4番」「恋は魔術師」「ティルオイレンシュピーゲル」等のみならず、何と彼がピアニストとしてグリュミオーと共演したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ2番&8番という極めて貴重な音源も含まれています!


※通販、お取置きは1/28の14時以降承ります。それまでに店頭で販売済みの場合はご容赦下さい。