★2016/1/04(月)の「逸品」は追悼カルロス・パイタの「運命」!


【LOCD781】ベートーヴェン:交響曲第5番、コリオラン序曲
パイタ指揮 フィルハーモニック・シンフォニー・オーケストラ
      ロンドン・フィル(コリオラン) ※盤AB 1,749円→販売終了致しました!

怪人指揮者としてコアな人気を誇っているアルゼンチン出身のカルロス・パイタが
昨年12/19に亡くなったそうです。フルトヴェングラーに感動して指揮者を志し、
その後に渡欧してDECCAのPHASE4等に超個性的な録音を数々残し、その後は
自身のオケとレーベルを持って多数の音源を発表しました。

「怒りすぎの怒りの日」で有名な大爆笑のヴェルディ「レクイエム」を筆頭に、熱狂的な支持と
何じゃこりゃ、という戸惑いの双方を浴びた人でしたが、もう今後は出ないと思われる愛すべき
「酔狂巨匠」。天国でも暴れまくっているのでしょうか。
2016年一発目の「逸品」は怪しさ炸裂の謎のオケを振ったベートーヴェンです。
パイタ師匠! アツすぎる人生お疲れ様でした。

☆通販・お取り置きは1/04の14:00から承ります。それまでに店頭で販売済みの場合はご容赦下さい。