★10/01(木)の逸品はマニア狂喜珍音源SERAPHIM盤2点!



10月一発目の「逸品」は珍盤から・・・

「廉価盤を笑う者は廉価盤に泣く」不肖猫丸の「座右の銘」(笑)で御座います。
廉価盤侮るべからず!

今回の2点も一件ありがちなただのSERAPHIM廉価盤に見えますが、内容がヤバすぎます。

◎リスト管弦楽曲集(写真左 69038 盤A 926円)
・レ・プレリュード ロージャ指揮 ハリウッド・ボウル響
・ハンガリー狂詩曲2/3/14番 ボスコフスキー指揮 ロンドン・フィル
・ラコッツィ行進曲 ボスコフスキー指揮 フィルハーモニア・フンガリカ 他

※何たってアルバム冒頭のあのミクロシュ・ロージャ(ローザ)指揮する「プレリュード」だけでもマニア感涙ものです。ボスコフスキーの振る「ラコッツィ」はあのベルリオーズの有名曲では無く、「リストの」珍曲。この曲も中々お目にかかれません。

◎リムスキー・コルサコフ管弦楽曲集(写真右 69030 盤A 720円)
・シェエラザード リットン指揮 ロンドン・フィル
・ロシアの復活祭 ラインスドルフ指揮 コンサート・アーツ管
・スペイン奇想曲 スラットキン指揮 ハリウッド・ボウル響

※リットンはともかく、後半2曲がマニア興奮。スラットキンは現在活躍中のレナードでは無く、
その偉大な親父、フェリックス・スラットキンです。

ステレオ初期の音源が多いですが、音質も悪くありません。
10月も埋もれた珍盤発掘に気合を入れて臨みます!!!!

※通販、お取り置きは10/01の14時より承ります。それまでに店頭で販売済みの場合はご容赦下さい。