今日は少し晴れ間が見えて嬉しかったですね♪
 
本日もCDを御紹介させていただきます!



・ベッリーニ:歌劇「清教徒」フェッロ指揮シチリア交響楽団 (WPCS-11078/9) 盤B/日本語帯なし/日本語解説付/2枚組 ¥1,300
ベッリーニはパリのイタリア劇場のために作曲しましたが、後にナポリのサン・カルロ劇場のために改訂しています。いわゆる「ナポリ版」といわれているもので、その劇場で活躍していた歌手にあわせ音域の変更、声種の変更、幕の変更など様々な変更がなされています。あまり演奏されることの無い版の貴重な音源です。

・ドビュッシー:ベルガマスク組曲、他 アラウ (PHCP-5116) 盤B/帯なし ¥1,543
1991年6月に88歳で亡くなったアラウは死の直前までレコーディングを行なっていました。このドビュッシーもそのひとつです。じっくりとかみ締めるようなドビュッシーはアラウの独特の世界観を表現しています。

・モーツァルト:交響曲第38,39,40番 ワルター指揮ニューヨーク、ベルリン・フィル (KICC-2073) 盤B/帯なし/緑ペイント有 ¥1,337
50年代の血気盛んなワルターのライブを聴くことが出来る貴重なCD。入手困難盤ですが緑ペイントが残念・・・再生には影響ありませんのでよろしければ是非!

・シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」(マーラー編曲弦楽合奏版)、アルペジオーネ・ソナタ(カサド編曲チェロと弦楽オーケストラ版) 盤B/SACD/HYBRID ¥1,440
シューベルト作品を編曲した2曲を収めたユニークな1枚。マーラー編曲の弦楽合奏版「死と乙女」は数あれど、アルペジオーネ・ソナタの編曲は珍しい録音です。独奏チェロと弦楽オーケストラによる協奏曲になっているので、色彩豊かな伴奏で楽しむことが出来ます♪

以上4点で御座います。
よろしければ是非御利用下さい!

※通販お取り置きは只今より承ります。