クレンペラーはマーラーの交響曲第2番の演奏でもっとも早い録音ともっとも遅い録音を残している指揮者ではないでしょうか?

もっとも早い録音はシドニー交響楽団との録音で68分というテンポ!
ではもっとも遅いテンポの録音はというと、今回御紹介させていただきますこの盤です。
全曲で99分という途方も無い演奏時間!!
1971年というクレンペラー最晩年だからこそなし得た究極の「復活」を是非聴いてみてはいかがでしょうか?

既に消滅して久しいレーベルですので、大変入手困難なCDです。
この機会に是非☆