テーマ別CD放出企画・第1弾《ソ連・ロシア》

特定の国や地域の音楽家のCDがまとまって入荷する機会というのは、頻繁にありそうで実はあまり無いのですが、今月(’13年11月)は毎週土曜日にテーマ別に放出をおこないます。

その第1弾は、11月2日はみんな大好き!ソ連~ロシアの作曲家、演奏家。

★ショスタコーヴィチ

最近は入荷頻度が極めて低い英Collinsの息子マキシム指揮ロンドン響、7番、8番、10番、15番が入っています。
いずれも盤質はBでUKプレスですが、盤ヤケ(※)も無く、良好な状態です。

※盤ヤケ=アルミ蒸着CDの、レーベル面側の酸化(黄色~茶色に変色)を指します。読み取り面にキズが無くても、ノイズなど再生不良が発生してしまいます。

ピアノ協奏曲では1番&2番を収録した2種に注目。フリードリヒ・グルダの長男パウルが弾いた(フェドセーエフ&ウィーン響、オーストリアMUSICA/780013-2)、イングリッド・ジャコビーとマッケラス翁が組み、ウストヴォリスカヤのピアノ協奏曲をカップリングしたDTTONのSACD(CDSA4804)。いずれも入荷は稀です。

ARTE NOVAレーベルにベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を録音・完成させていたアレクサンダー弦楽四重奏団が取り組んだショスタコーヴィチは、3枚組の2セット分売。第1集のDISC3に傷が多めなのが少し残念ですが、こちらも入荷は非常に稀です。


★ソ連~ロシアの名匠たち

フェドセーエフ、テミルカーノフ、ゴレンシテイン、アニハーノフらのアルバム入荷しております。


※当企画商品は、出品当日(11/2)よりお取り置き、通信販売を承ります。
なお、お取り置きは承り日の翌日までとさせて頂いております。また、各種お値引きの対象外となりますのでご了承ください。


■テーマ別CD放出企画・次回予定■

第2弾は11/9(土)です。テーマは《ポーランド》

※内容が変更となる場合がございます。