★猫丸しりいず第145回
 
◎ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
 
山田一雄指揮 日本フィルハーモニー交響楽団
(国内DENON COCQ84492 ※ラヴェル編曲)
 
レナード・スラットキン指揮 BBC交響楽団
(海外WARNER 256461954-2 ※15人の作曲家による編曲の集成版)
37c2c6fe.jpeg942e3d62.jpeg
 この11月から、職場が吉祥寺に変わった。
 
これまでの人生で新宿とはやたらと縁のあった私だが、逆に吉祥寺という街との接点はほとんど皆無だったと言って良い。唯一・・と言って良いのは、かれこれ40年近く前に小学校の遠足で行った井の頭公園位なものだろうか。
 
赴任してすぐ、休憩時間を利用して吉祥寺の駅周辺の探検(と言うか徘徊か?)をいろいろ試みたのだが、とにかくこの街「密集度」が凄い。小奇麗な百貨店からキッチュな看板の怪しいお店、老舗っぽい惣菜屋さんまで、とにかく狭いエリアにありとあらゆる業種業態の店が密集し、その中を大勢の人々が行き交っている情景は何だか香港や上海やタイのバンコクの繁華街のようで、「混沌」というコトバがとても似合う。そんな喧騒の中を歩きながら自分のアタマの中に流れてきたのは、なぜか「展覧会の絵」の「リモージュの市場」だった。
 
「市場の賑わい」を描いたクラシック音楽の作品は少なくないが、中でもこの「リモージュ」はピカイチだと私は思う。わずか1分半ほどの超小曲ながら、活気溢れる市場の様子や、おしゃべりに興ずるオバチャンたちの様子が鮮やかに脳裏に浮かぶ。ちなみにリモージュはフランス中部の街で、陶磁器の産地として知られ「陶磁器つながり」で愛知県の瀬戸市と姉妹都市であるのだそうな。
 
この時代のピアノ曲としては破格にユニークな作品と言える「展覧会の絵」。埋もれていたこの名作をクラシックを代表する人気作の一つにまで押し上げたのが名指揮者クーセヴィツキーの委嘱によって生まれたラヴェルのオーケストラ編曲版である事は言うまでも無い。あまりの大ヒットでかえって原曲のピアノ版の影が薄くなった感のあるのは皮肉だが、それでも曲自体が埋もれてしまうよりは遥かにマシであろう。
 
ラヴェル版の「展覧会の絵」にはまさに無数と言って良い録音、名盤がある。そんな中であえて「国産」のヤマカズ盤をとりあげたのは、私が「ヤマカズ信者」だという理由ばかりで無く、なかなか侮れない名演だからである。この録音、もともと市販用では無く学校教材用として1968年に録音されたもので、一般市場向けとしては初めて流通するものとの事。録音場所が荻窪の杉並公会堂というのもシブい。この演奏、教材用である事を多少は?意識したのか、ヤマカズさんには珍しい位に端麗な「直球勝負」という感じの演奏になっているのだが、「キエフの大門」の怒濤の盛り上がりぶりはサスガという感じであるし、オーケストラの大健闘ぶりにも拍手! カップリングされた「スラヴ行進曲」やハイドンの「時計」交響曲共々、ヤマカズ・ファンのみならず多くの方にご一聴頂きたい名演である。
 
「展覧会の絵」はラヴェル以外にもストコフスキーをはじめ幾多の音楽家が編曲に挑んだ。それはラヴェル編曲版の演奏権をしばらく委嘱者のクーセヴィツキーが独占していたという現実的な理由もあるのだろうが、やはりこの名曲が音楽家にとって大いに「そそられる」素材であった事の反映であるのだろう。今回ご紹介のもう一点は、何と15名の音楽家による編曲を繋ぎ合わせてしまった、こだわり&オタク派の名匠スラットキンならではの珍音源(2004年9月のライヴ録音)。ちなみに「リモージュの市場」は、レオ・フンテクによる編曲版。ラヴェル版に類似しているが、ケタタマシい感じはこちらが上で、ラヴェル版を「東京のオバチャン」と位置付けるならば、フンテク版は「南大阪(難波or河内)かソウルのオバチャン」という趣きである。これはこれで中々面白い。
 
そしてこのスラットキン盤で「圧巻」の一言なのは、結びの「キエフの大門」。名アレンジャーとして一部マニアには名高いダグラス・ギャムレイによる編曲。私も「ギャムレイが『展覧会』の編曲に手を染めていたとは・・」と驚いてしまったのだが、聴いてみた感想はまさに「驚天動地」の一言。
男声合唱とオルガンを効果的に用いたこのギャムレイ版、とにかく凄い、凄すぎる。「幻の大伽藍」が絵画から抜け出て眼前に聳え立つようなその素晴らしさは正直ラヴェル版を超越しているとさえ思う(終演後の聴衆の熱狂ぶり!!)。これは是非ナマで聴いてみたいなあ・・。
 
新宿クラシック館での4年間の在職中、お世話になりました皆様。ありがとうございました! 吉祥寺は新宿に比べればグッと小粒ですが、情熱に溢れたスタッフと特色ある品揃えで皆様のお越しを心よりお待ちしております。「小粒でもピリッと辛い」、そんなお店を目指し精進しますので、これからは「吉祥寺猫丸」をなにとぞヨロシクお願い申し上げます!!!